ホーム > 丘の上日記
丘の上日記
手術日記
股関節脱臼のわんちゃん

先日は両後肢を股関節脱臼してしまったポメラニアンの大腿骨頭切除術を行いました

股関節脱臼は骨盤と大腿骨を繋ぐ骨盤のくぼみから
大腿骨が外れてしまった状態をいいます

股関節脱臼の原因は先天性や交通事後などの外的圧迫によるものとされていましたが
最近は高いところから飛び降りてじゃれていてジヤンプしてといった
本当にちょっとしたきっかけで起こることも多いです

今回手術したポメさんも、おうちの中で走り回っていて急に動かなくなった…との
ことでご来院。レントゲン検査で両後肢の股関節脱臼と診断されました

軽度であれば整復(外れた骨を戻す)後、ギプス固定して経過観察することもありますが
今回のポメさんは股関節周囲の靭帯が切断していると考えられたため
大腿骨頭切除術を行うことになりました

この手術は、股関節から外れた大腿骨の骨頭(骨のでっぱり)を切除し、
外れた骨頭が他の組織を刺激することで発生する痛みを除去する治療法です

大腿骨頭がなくても、小型犬さんの場合はリハビリで自分の筋肉で歩けるようになります

今回のポメさんの場合、左右両方の手術が必要ですが一度に行うと体への負担が大きいので
今回は右側の手術を行いました

院長は整形外科の経験も豊富で、この手術も1時間程で終了…
麻酔の負担も最小限にすることがきました

一昨日病院へ来てくれましたが、手術した足を使って元気に歩けているようです

経過を観察して後日左足も手術する予定です

 

獣医師 林 聡 ・ 佐藤 友美

 

サイトマップ Copyright © Takasuno-Oka Animal Clonic. All rights reserved.