ホーム > 食べるという大切なこと
食べるという大切なこと
わんちゃん、ねこちゃんの体も毎日食べたものが、消化吸収されて日々細胞を作りだし、筋肉や骨を作りまたは丈夫にし、時には傷ついてしまった所を治す材料になり、病気になってしまった時は闘えるよう体を整えています。

病気になってしまった時、治すことはとっても大事ですが、どうしてその病気になってしまったのかと立ち止まって振り返って見ることも大事ではないかと思います。
この事を振り返るとき一番大事なことは与え続けてきた食べ物ではないでしょうか。
食事を選ぶ時、『総合栄養食と記入されたものを与えていれば良いと思っていた』、『パッケージに獣医推奨と書かれていた』『人に勧められた』などの選び方が大半です。
ところがそのパッケージの裏側に記載された原材料を一つ一つを紐といてみると多くのオーナー様はびっくりされます。
それは…原材料の大半が穀類や豆類を占めること、犬や猫はハサミのような歯の作りをしていて穀類などを噛むことがとても苦手で腸も短いので吸収もままなりません。
そして飼料に使われる穀類の多くが遺伝子組み換えを利用しています。
また、わんちゃん、ねこちゃんは色が識別できないのにも係わらず飼い主様に野菜の色=健康と思わせる為の着色料で染められたフードがとても多いのです。
着色料の様な人工的に作られた添加物は食べ続けると体への負担のリスクを伴います。
さらに、それら加工食品がカビたり腐らないように保存料が使われております。
私たちは毎日炊きたてのご飯を食べるのにわんちゃん、ねこちゃんの食事は保存料で何ヶ月も腐敗されないようになっています。

また、スーパーや量販店に行くと沢山の犬猫用のおやつが売られています。
キレイにパックされたおやつも何日も腐らず風味が変わらない経験はあると思います。
湿っているのに腐らないものは相当な保存量や添加物が入っています。与え続ける事は健康な体を望むのであればお勧めすることができません。
未病を防ぐためのフードアドバイスを行っております。
お気軽にお尋ねください。
私達と、わんちゃん、ねこちゃんの「食べ物」について一緒に見直して見ませんか
良い食べものは良いからだを作ります。
どうぶつ診療所では病気の治療、外科手術はもとより、体に負担のかからない代替療法と副作用のない栄養療法を取り入れています。
いつまでも健康でいて欲しい…そんなあたりまえの幸せを応援しサポートしていきます。
ご存知ですか?ワンちゃん猫ちゃんのおやつやフードに含まれる危険な添加物を。
たかすの丘では素材の風味を活かした無添加手作りクッキーを販売しています。
数に限りがございますので、予約も受け付けております。
当院では生肉で与える事のできる鹿肉のブロックやミンチ、骨入りの鶏ミンチ各種をご用意致しております。
又、「手づくりしたくてもできない」オーナー様もご安心頂けるように厳選したドライフードをいろいろと取り揃えています。
お買いものだけのご来院もお待ちしております。

~ネコちゃんのオーナー様へ~
ネコちゃんは実はワンちゃんよりも動物性蛋白質を必要としています。
当院ではネコちゃんの事を考えた栄養バランスの良い無添加とグルテンフリーのフードをご用意致しております。
たかすの丘どうぶつ診療所 北海道上川郡鷹栖町16線9号 0166-87-5539 午前 9:00-12:00
午後 16:00-19:00
※水曜:休診
※日曜・祝日午後:休診
 
あさひかわのどうぶつ診療所 北海道旭川市末広2条13丁目1-4 0166-56-9536 午前 9:00-12:00
午後 16:00-19:00
※日曜・祝日午後:休診
※林院長は水・日の午前中
(要予約)
サイトマップ Copyright © Takasuno-Oka Animal Clonic. All rights reserved.